SEOの被リンクで効果を出す方法は?

検索順位は誰が決める?SEOとアルゴリズムに編み出される世界

ブログやホームページを上位表示させるためにはSEOが重要になります。
SEOは内部が8割、外部が2割と言われていますので内部、つまり文章の内容がいかに魅力的でオリジナリティー溢れているかが重要になるのです。
ですが、被リンクとしての外部SEOも侮れません。
被リンクはできるだけ多く集まり、しかも自然な形で集まるのがベストですが、それにはよほど内容が面白く、濃く、オリジナルの物である必要があり、難易度的にはかなり高くなります。
そこで、最初はサテライトサイトを作り、不自然でないように2週間に1本ぐらいの被リンクを張っていきます。
ただ、かつてのように内容がペラペラのサテライトサイトではペナルティを食らってしまうためしっかりとした内容のサテライトブログを作る必要があります。
さらにそのサテライトサイトにもサテライトサイトからのリンクを張ります。
最終的には、メインのサイトを頂点としてピラミッド型になるようにするのが一番効果があります。

従来とは違うSEOに対する内部対策

従来におけるSEOに対する内部対策と言うのは、画像に代替テキストを設けたり、検索エンジンから流入を目的としたキーワードをタイトルや、本文に適度に扱う事が一般的でした。
現在は、違う視点からSEOに対する内部対策が重要と言われています。
例えば、広告などは、目立つ上部の左側、若しくは中央に設置する事は価値の低い内容だと判断される可能性があり、その場所には、ページにおける大切な内容を設ける事が重要だと言われています。
現在の検索エンジンは、従来よりも画像の分析能力が長けている物であり、まったく同じ内容である外部サイトにある画像を扱うと、オリジナルティに欠ける内容だと判断されるおそれがあります。
スマホ用に最適化されないサイトは、スマホユーザーから扱い難い内容であり、横スクロールバーが出るデザインは避ける事が望ましくなります。
この場合は、CSSなどで最適化させる、スマホユーザーのために新しい別ページを作成して振り分ける事が大切になります。